読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全な幸福

尊厳・倫理・平穏

月村了衛『機龍警察』 「読むアニメ」だ……

 咲紫です。月村了衛 『機龍警察』読みました。

いや〜読んでたら本当にアニメでびびりましたね(何?)

表紙からすると硬派な警察小説って感じですがバリ強の特殊部隊がロボに乗ってバシバシ戦う話なんで確実にオタク向けです。読もう。

 

特殊部隊(警視庁特捜部=通称「機龍警察」)のメンツからして

・外務省から特捜部部長になった謎多き人物

・ヘラヘラしてるけどバリ強の傭兵

・元警察だが過去に犯罪に手を染めた経験のあるイケメン

・陰鬱美人元テロリスト

・テロリストに家族を皆殺しにされたメガネっ子メカニック

 

ですからね。アニメじゃん……

ちなみに雇われ部隊なので普通の警察官からは鼻摘まみもの扱いされてます。こういう軋轢もあって特捜部の行動が内部から阻害されたりすることもしばしば。おお……警察小説っぽい……(警察小説は読んだことがないです)

 

その辺の陰謀や上層部の思惑とかの部分もおもしろいんですが、何より戦闘描写話の起伏のつけ方がいい。

BMIアジャスト完了」

背筋が熱くなり、全身に一瞬痺れとも痛みとも言えない感覚が走る。『龍骨〈キール〉』の回路が開かれ、姿の脊髄に埋め込まれた『龍髭〈ウィスカー〉』と連動したのだ。

『龍骨』と一対一で対応する専用キー『龍髭』。

この瞬間、いつも姿は戦場の感覚が全身に蘇るのを感じる。悪寒にも似た陶酔。閉塞にも似た高揚。炸薬と硝煙の甘美な腐臭。無数の針で体中を抉られるような感触が、細胞の一つ一つに刻み込まれた闘争の記憶を呼び覚ます。

キール、ウィスカー、エンゲージ確認。エンベロープ・リミット5・0」

両腕、両脚、胴体各部のアジャスト・ベゼルが回転し、リコイル・トリム(抵抗)を調整。自己診断プログラムが異常の有無を走査する。結果:未検出。全ハッチのロックを示すインジケーターが点灯した。

「最終トリミング完了。ステイタス・セルフチェック、オールグリーン。PD1フィアボルグ、レディ」

姿俊之警部専用龍機兵・コードネーム『フィアボルグ』。

ダーク・カーキを基調とする市街地迷彩のボディがコンテナから足を踏み出し、路上に立つ。(文庫版40〜41P)

これでテンション上がらないオタクとかいるの?

序盤からこれですからね(「龍機兵」がロボの名称です)。えっ……私ハヤカワ文庫JA読んでたつもりだったけどひょっとして深夜アニメ観てたのかな……?

戦闘描写もとにかくスピード感があっていいです。読むと映像がワーッと脳裏に浮かんでくるのですがこれは私がオタクだからかもしれない(普通に文章力が高いからだと思う)。

 

あと物語中盤のあたりで危機に陥った特捜部のメンバーAのことをメンバーBが救出する場面があるのですが(一応ネタバレかもしれないので名前伏せておきます)、もうこれが……本当に……凄くて……

何の気なしにその部分を読んだらあまりにも面白くて割と冗談抜きでガチ徹夜しました(4時くらいまで起きてた)。

 

メンバーA視点に寄った描写、メンバーB視点よりの描写、あと敵の視点よりの描写があるんですけれど、それぞれの緊迫感がよく伝わってきます。ハラハラするよ〜!

あとメンバーBめっちゃ強いんですけど、敵視点から見ると恐怖感が増大してていいですね。こんな奴が来たら誰だってビビるわって描かれ方してます。一応正義の味方なんですけどね。

 

あ、あと特捜部の元テロリストロで家族を失ったメガネっ子はガチです。ガチです。

 

大変良いエンタメでした。強い女と強い男は最高……神アニメだった……(アニメ化はしていません)

 

機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

機龍警察(ハヤカワ文庫JA)